So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年06月| 2017年07月 |- ブログトップ

満員御礼!! ことだま屋本舗EXステージvol.2「戦国新撰組」

 6/25、高田馬場のESPエンタテインメント東京さんで「戦国新撰組」のライブリーディングが行われました。
sengokulive.jpg
 主催は「クロボーズ」で素晴らしいステージを作り出してくれた、ことだま屋本舗さん。そのEXステージVol.2として、演出・映像の加藤隼平君、主演の前田剛さん、MVP大畑伸太郎さん、またも怖い姫の笠原あきらさん、またも明智光秀の鈴木コウタ君、前回とは打って変わってカッコいいところを見せる鳴海崇志さん、本役はおじさんだけど、兼ね役では、やっぱり小姓系で活躍する渡部康大君らが続投。舞台で見せる立ち位置を移りながら、ノンストップのアフレコ的な集中力を必要とする難しいライブですが、二度目の彼らは実に頼もしかったなぁ。
sengokulive2.jpg
 EX初参加の方々も、アフレコ経験も芝居も出来るのを見越してのキャスティング。短時間の稽古でバシバシ仕上げてくる実力者ばかり。
 
 W主演の代永翼さん、楠田敏之さんは、人気キャラを多く演じられてる流石の安定感。とは言っても、かたや新撰組最悪の無名隊士と、多くの先人が挑んだ人気ヒーロー。どちらも本作では一筋縄ではいかない設定ですが、持てる魅力を加えていただいて、実にしっかりした柱になっていただきました。

 「クロボーズ」を観に来てくれて、その後の打ち上げでも話した井上優君はキャスト内では好漢島田そのまんまの立ち位置。かと言って素のままとも行かない難しい役どころをうまく演じてくれた。演出隼平君が主催する演劇ユニットの一員で、二月に演出した舞台を見せてもらった榊原仁君の信長は、みんなのイメージする信長と、作品のちょっと違う信長を両立させてて個性的だった。

 人気どころと言えば、山南さんと沖田総司を演じてくれた稲村徹さんと浅利遼太君も、短い出番ながらピッタリはまったキャラクター像を作ってくれてた。やんちゃな総司を叱る山南さん、その息の合い方は抜群だったなぁ。同じく人気キャラ斎藤一役の小田久史君の苦心と変化は見事だった。私が漫画原作の道に踏み込んだ「陰陽大戦記」のアニメ版で主人公のライバル的なキャラを演じ、熱血少年役の多い小田君の挑む静かな自信家は決まってたね。

 戦国を代表する荒っぽい系は佐藤健輔君と堂坂晃三君のフィールド。健輔君は野蛮で無骨な小六と傲慢で貴族的な今川をきっちり演じ分け、堂坂君は作中最大のインパクトで登場する柴田勝家をフルパワーで体現してくれた。悪役を演る奴は気のいい奴が多いね。

 男ばっかりの本作でヒロイン的なポジションの寧々は絶賛売り出し中の佳穂成美さん。引き出し多そうなので今後が楽しみな女優さんです。今後が楽しみと言えば、近藤周平や松平元康を演じてくれた清原ケンジ君、ESP在学中の三人、平助役の鈴木虹佑君、森可成や最初に土方らとやりあう足軽を演じた篠原彰浩君、まだ序盤なので台詞は一言だったものの今後のカギを握る河上彦斎(るろうに剣心のモデルね)を演じた中島誠良君ら、若手も随所で活躍してた。

 そして、若手らの師で会場関係でも大変お世話になったのが橘U子さん。はじめてお目にかかったのは明智役コウタ君が主演、信長役仁君演出の舞台でとんでもないナースを開演してた御姿。その後の呑みで現れた姿とのギャップ。さらに話し出すと、そのどちらも行き来する変幻自在さ。今作で変装の名人の男性役を演じてもらうのも当然な流れでした。そんな二十一名の完璧なキャスト…。
 近藤さんの詩吟、源さんの役作り、某所のアンケートで人気一位だった藤吉郎、前日の通し芝居で評判だった主役の代演、なんだか流行ってしまった「やろかい」の台詞…、書きたいことは、まだまだあるけど、とりあえずこの辺で、またの機会に。

 ライブには、漫画業界、アニメ業界、ゲーム業界、舞台業界、様々な方に見に来ていただきました。何人かから気になったキャストがいたとか、このシステムを他の作品で出来ないかとか、その後につながりそうな話をいただけたのは、こういうイベントを起こした甲斐があったというもの。「戦国新撰組」を世に知ってもらううえでも、持って来た単行本完売というありがたい結果でした。朝日さんがサイン入れてくれたり、代永さんや楠田さんや渡部君が販売手伝ってくれたのが大きかったな。ご来場いただいた皆様、関わってくれた皆様に感謝いたしします。
71M5xvhb1GL.jpg
 第2集は7/19発売です。ライブでは8話までの内容でしたが、単行本第2集には10話まで収録されています。映像では総ての絵が使われているわけではありませんし、続けて読むと、また印象が違うはず。ライブを見た方、声優に詳しい方は脳内再生も楽しめるのではないでしょうか。
 カバー下だとか、おまけとか、次回予告とか、朝日さんが頑張って描き下ろしてますので、是非ご覧いただければと思います。
 第3集の発売は来年になりますが、そのあたりでまた皆様と再会できれば何よりです。本編はサンデーうぇぶりで無料公開しておりますので、続きが気になる方、なんか分かんないけどちょっと見てみるかって方は下記にて。
https://www.sunday-webry.com/comics/sengokushinsengumi/
 本編さらに盛り上げてまいりますので、引き続き、よろしくお願いいたします。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

2017年06月|2017年07月 |- ブログトップ